ベジ畑からのお知らせ

『TeNY新潟一番 出演情報!』

2018/07/30





『TeNY 新潟一番』出演!!

 

5月26日(金)、TeNY 新潟一番で特集を組んでいただきました。

「遊休地や耕作放棄地の解消」と「「野菜づくりをやってみたい!」をつなぐ活動として、紹介いただきました。

 

土地所有者の方にもお喜びいただき、農園近くに住む方にも「野菜づくりを通して、楽しめる場」を提供できる事業として、今後とも活動して参ります。

 

農地の管理にお困りの方、野菜づくりを始めてみたい方、ぜひお問い合わせください(^^♪

 

 

TeNY様、ありがとうございました!

利用していない農地を募集します!

2018/07/30

『レンタル農園「ベジ畑」にする農地を募集!』

 

利用していない農地はありませんか?

現在、ベジ畑では、今秋から開設する農地を募集しています。

 

農家さんの高齢化、後継ぎ不足、雑草等で、

遊休地、耕作放棄地が増えています。

 

遊休地や耕作放棄地は、雑草が生い茂り、虫の棲み処(すみか)となり、

近隣住民、近隣農地にも迷惑になってしまいます。

 

レンタル農園にして、近隣に住む方々の楽しめる場にしましょう!

 

レンタル農園にするには、行政や該当地区の農業委員会と協議、申請を

する必要がありますが、手続きはベジ畑が代行にて行えますので、

お気軽にお問い合わせください。

 

先祖代々の農地を守っていくこともできます。

 

 

詳しくは、コチラ

↓↓↓↓↓

農地を活用したい

『新潟日報(4/8)ベジ畑ヒストリー掲載』

2018/07/29

4月8日の新潟日報朝刊にベジ畑ヒストリーを掲載いただきました。
ベジ畑代表の重泉篤史が、事業を始めようと考えた想い、会社設立のきっかけ、ベジ畑の仕組み等々をわかりやすく書いていただいております。

「耕作放棄地を解消し、地域の人たちが喜べる場所を創る」

これは、ご高齢等で耕作をしない農地を荒れさせるのではなく、そこを農園として地域の人が野菜作りの場とすることで、「健康」、「趣味」、「食育」、さらには「交流」を『収穫』しようとするものです。
「『野菜作りのその先』に何があるのか?」

ご利用者の皆様も耕作放棄地解消に貢献できていることを誇りに、
野菜づくりから得られる「さまざまな喜び」を手に入れてください(^o^)

今後も地域に貢献できるように、事業を推進して参ります。

『新潟市立早通小学校』

2018/07/27

 

『畑の先生』

 

少し前のことですが、新潟市立早通小学校にて、
野菜植付授業を行いました(^^)/

 

それぞれが育てたい野菜を選んで、
オクラやピーマン、きゅうり、ナス等を
楽しく植えました。

 

そして、先日、収穫ができたとのことで、
子ども達一人一人からお手紙をいただきました(^^♪

 

苗を植えて、肥料をあげたり、水をあげたり。。。
そんな野菜の育つ過程を見ることは
とても良いことですね(^^)/

 

まさに「食育」!!
こういうのをきっかけに少しでも
苦手な野菜が食べられるようになればい~なー、

 

ベジ畑
重泉篤史