育て方講座

ミニトマトの上手な育て方講座

ミニトマトの育て方講座

ミニトマトの育て方講座

土づくり(1㎡あたりの量)

  • 石灰 100g
     ※石灰は1週間前に施し、耕しておくとよい
  • 牛糞堆肥 6リットル
  • 肥料 100g

※その他の肥料(用意できれば最高です!)

  • 魚粉 100g(トマトを甘くします)
  • ようりん  50g(実つきをよくします)

苗選び

  • 本葉が7~8枚程度のものを選ぶ。
  • 葉の色が濃いものを選ぶ。
  • 黄色い花(つぼみ)が付いているものを選ぶ。

植え付け

  • 新潟では5月~6月中旬に苗を植え付けます。
  • 株間は80cm程度あけます。
  • トマトは乾燥を好みますので、マルチを敷いて梅雨時期の雨が土にしみ込まないようにします。
  • 植え穴をあけたら、水を入れてから植えます。(根付きがよくなります)
  • 花(つぼみ)のある方に実が付きますので、植え穴に入れる時は、収穫がしやすいように、花(つぼみ)が付いている方を外側に向けます。
  • 支柱を立てて、苗が倒れないように、茎を支柱に紐で結びます(「誘引」と言います。)

わき芽かき

  • 生長してくると葉の付け根からわき芽が出てきます。わき芽は全て摘み取り、主枝にだけ実を実らせる「一本仕立て」で育てます。わき芽を摘み取ることで、栄養が凝縮し実が大きくなり、また日当たりや風通しが良くなるので、病害虫も発生しにくくなります。
  • わき芽はどんどん伸びてくるので、一週間に一度はわき芽かきを行いましょう。

着果・追肥

  • 花が咲き始めたら、花の真ん中を指で触り、着果を促します。
  • 最初の実が大きくなり始めた頃に、マルチをめくって畝の肩に30g/m²を施します。

【留意点】

  • 防虫対策として、マリーゴルドを株元に植え、光る物(CD等)を支柱に付けるのも良いですよ。
  • もぎたてのトマトを畑でかじってみてください。最高ですよ!掘りあげたイモは泥を落とした後、3~4日程、日に当てると甘みが増しておいしくなりますよ。